MENU
Belize
: 〒164-0012 東京都中野区本町
4-22-13 1F
営業時間 : 10:00~19:00(不定休)
: 0120-966-304

山下清 つゆ草 色紙 買取致しました

山下清

山下清 つゆ草 色紙 買取致しました!

こんにちは! 今回は山下清 つゆ草 色紙 買取致しましたのでご紹介させて頂きます。

山下 清(1922~1971)は、現在でも大人気の画家です。
現在の東京都台東区に生まれました。関東大震災によって家が焼失し、両親の郷里である新潟県の新潟市に転居しました。
その3歳の頃に風邪から重い消化不良で命の危機に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患いました。

家庭の事情で足立区や杉並区など転々としますが、新しい学校での勉強に付いていくことができず、反抗的な態度だったため千葉県の知的障害施設『八幡学園』へ預けられました。
この学園の生活で『ちぎり紙細工』に出会いました。これに没頭していく中で磨かれた才能は、学園の顧問医を務めていた式場隆三郎の目に止まり、式場の指導を受けることで一層開花していきました。

第二次世界大戦中の1940年の18歳の時に突如学園を脱走し、1955年6月までの間、放浪の旅を繰り返しました。
理由を聞かれても『イヤになったから』としか答えていないといいます。20歳の時に受ける徴兵検査を受けたくなかったのも理由の1つみたいです。
半年ごとに放浪しては千葉に戻ってくる事を5年ほど繰り返していたみたいです。

1943年の21歳の時には、食堂で手伝いをしていたところにやってきた八幡学園の職員によって連れ戻され、母親に無理やり徴兵検査を受けさせたが、知的障害を理由に兵役免除となりました。

この時のいでたちとして、リュックサックを背負う姿がテレビドラマなどで描かれておりみなさんのイメージする山下清になっているかもしれません。

山下清は驚異的な映像記憶力の持ち主で、『花火』『桜島』など行く先々の風景を貼絵に残しています。
ドラマとは違い実際は旅先ではほとんど絵を描くことがなく、八幡学園や実家に帰ってから記憶を基に描くというスタイルだったみたいです。

今回の作品は貼り絵ではありませんが、ペン画の色紙で山下清 独特のタッチでとても味がある作品です。

そんな現在でも大人気の山下清は、どんな作品でもBelizeで特に高価買取させて頂きます。

Belizeでは、骨董品・美術品・絵画など以外にもブランド品やジュエリー・腕時計など幅広くお買取させていただいております。お気軽にご相談ください!

山下清
SNSでシェア